もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  シリーズ20周年記念!!「こそあどの森の物語」シリーズ岡田淳さんインタビュー

シリーズ20周年記念!!「こそあどの森の物語」シリーズ岡田淳さんインタビュー

小学校の図書室に必ず並んでいる岡田淳さんの作品。岡田さんが20年描き続けた「こそあどの森の物語」シリーズは、専門家から「日本のムーミン谷」と言われているシリーズでもあります。「こそあどの森の物語」シリーズ20周年を記念し、神戸にある岡田淳さんのアトリエにお邪魔して、おはなしを伺いました。

「こそあどの森の物語」シリーズの魅力をご紹介!

こそあどの森の物語(1) ふしぎな木の実の料理法
こそあどの森の物語(1) ふしぎな木の実の料理法の試し読みができます!
作・絵:岡田 淳
出版社:理論社

内気なスキッパー少年の所に届いたのは固い固い“ポアポア”。 その料理法をめぐって森じゅうのみんなが知恵をしぼりますが…。


シリーズの見返しになっている「こそあどの森」の原画を見せていただきました

「この森でもなければ その森でもない あの森でもなければ どの森でもない」というフレーズがとっても印象的な「こそあどの森」は、5つのフシギな家に住む、住人たちのおはなしです。

日本のエブリディ・マジックの旗手・岡田淳さんは元小学校の図工の先生!

『びりっかすの神様』(偕成社)や『ようこそ、おまけの時間に』、『学校ウサギをつかまえろ』、『二分間の冒険』など、児童文学が好きな方なら子どもの頃、手に取ったことがあると思います。これらもすべて岡田さんの作品。岡田さんは神戸大学教育学部美術家を卒業後、38年間小学校の図工教師をしながら物語を発表しつづけました。現在は、図工の先生を定年退職し、執筆のかたわら、小学校の演劇クラブにも関わっているそう。「こそあどの森」シリーズは岡田さんの中でも唯一のハイ・ファンタジー作品なんです。

エブリディ・マジック…ファンタジーの一種。日常の中に不思議が混ざる形態の物語を指す。 別名:ロー・ファンタジー
  ハイ・ファンタジー…異世界を舞台にしたファンタジー作品のジャンル

数々の物語が生まれた場所を感じながら、作者の岡田淳さんのインタビュー、スタートです。

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー
【4歳】絵本ギフトセット

岡田 淳(おかだじゅん)

  • 1947年兵庫県に生まれる。神戸大学教育学部美術科を卒業後、38年間小学校の図工教師をつとめる。
    1979年『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』で作家デビュー。その後、『放課後の時間割』(1981年日本児童文学者協会新人賞)『雨やどりはすべり台の下で』(1984年産経児童出版文化賞)『学校ウサギをつかまえろ』(1987年日本児童文学者協会賞)『扉のむこうの物語』(1988年赤い鳥文学賞)『星モグラサンジの伝説』(1991年産経児童出版文化賞推薦)『こそあどの森の物語』(1〜3の3作品で1995年野間児童文芸賞、1998年国際アンデルセン賞オナーリスト選定)『願いのかなうまがり角』(2013年産経児童出版文化賞フジテレビ賞)など数多くの受賞作を生みだしている。
    他に『ようこそ、おまけの時間に』『二分間の冒険』『びりっかすの神さま』『選ばなかった冒険』『竜退治の騎士になる方法』『カメレオンのレオン』『魔女のシュークリーム』、絵本『ネコとクラリネットふき』『ヤマダさんの庭』、マンガ集『プロフェッサーPの研究室』『人類やりなおし装置』、エッセイ集『図工準備室の窓から』などがある。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット