「こそあどの森の物語」シリーズ

「この森でもなければ その森でもない あの森でもなければ どの森でもない」
こそあどの森は、どこにあるかわからない、ふしぎな森。あなたの身近にあるのかもしれない……個性的でチャーミングな妖精たちに会えるかもしれない、なつかしの森。思いもかけないことが、あたり前のように起きている、魅力いっぱいの森。ストーリーテラー岡田淳さんが大切に書きためたライフワーク。
珠玉の宝物をどうぞ1作1作お味わいください。


シリーズ20周年記念!!「こそあどの森の物語」シリーズ 岡田淳さんインタビュー

このシリーズの最新刊

こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ

  • チェックする

こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ

著:
岡田 淳
出版社:
理論社
ISBN:
9784652204290

税込価格: ¥1,760

この森でもなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない、「こそあどの森」。
トワイエさんから借りた本に挟まっていた、トワイエさんが子どものころの写真。いつどこで撮ったもの? スキッパーは話を聞かせてもらいます。そして、次はトマトさん、ギーコさん、ポットさん、スミレさん……こそあどのおとなたちの家をまわって聞かせてもらう話は、とっても不思議で、しかも、いまのトマトさんたちにとって大切な話ばかり。「こそあどの森の物語」全12巻の番外編として書き下ろされた初の短編集です。

編集者コメント
番外編の執筆にあたり、作者はまず「こそあどの森」にくらすおとなたちの子ども時代のフォトアルバムをスケッチブック5冊にスケッチしました。おとなたち5人の個性豊かなパーソナリティがどのように育まれてきたのか──「こそあどの森の物語」への入り口になる一冊です。

 

シリーズの新着レビュー一覧

全ページためしよみ
年齢別絵本セット