しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おれがあいつであいつがおれで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おれがあいつであいつがおれで

作: 山中 恒
絵: 長谷川 集平
出版社: 旺文社

本体価格: ¥1,190 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おれがあいつであいつがおれで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年06月
ISBN: 9784010694053

小学5・6年生

出版社からの紹介

おれの名前は一夫。正真正銘の男の子だ。それなのに、転校生の女の子の一美に体当たりをくわしたとたん、おれの身体はそっくり一美といれかわってしまった。抱腹絶倒のユーモア小説。1980年初版刊行以来、TVドラマ化・映画化などを経て、ロングセールを続ける、不朽の児童文学です! 1982年公開の映画「転校生」(2007年夏、リメイク版公開)オリジナル原作版。

ベストレビュー

スリリングで甘酸っぱい思春期

幼なじみの一夫と一美が、ひょんなことから体が入れ替わったために起こったドタバタ劇。
小学校6年という、成長期を向かえる男の子と女の子のアンバランスな精神状態がかなりスリリングに描かれています。
精神はまだ子ども、体は少しずつ大人に向かっていく時代。

この物語は初めて読んだのですが、何回も見た大林宣彦監督の映画『転校生』の原作で、小林聡美がこの原作の一美のように、女の体に乗り移った男になりきった体当たりの熱演と、尾美としのりのなよなよっとした演技がはっきりとイメージ出来て、初めてのような気がしませんでした。
面白おかしい話ですが、尾道の人間味のあるしっとりした空間と爽やか感の中で受け入れられるのは映画のせいでしょうか。

長谷川集平さんの絵が、児童書にしては刺激的に感じましたが、山中恒さんの描き方にもドキドキさせられました。
何しろ『ハルばあちゃんの手』で人の生涯をドラマのように描いた絵本を見る前は、戦時期の教育を論じる書物で知っている作家だったので、意外性に目が点。
よく考えたら、児童文学の作家だったのですね。

まだ見ていない『転校生』のリメイク版を中学の息子と見てみようかと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / 角川つばさ文庫 ママは12歳 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家 / かぜのかみとこども

長谷川 集平さんのその他の作品

新装版 ピラミッド帽子よ、さようなら / 夏のおわり / むねがちくちく / 天使がいっぱい / ぼくが弟にしたこと / あなに



ミキハウスの宮沢賢治シリーズ、新刊発売記念

おれがあいつであいつがおれで

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット