くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おんなのこのめいさくたからばこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おんなのこのめいさくたからばこ

  • 絵本
作: 山本 和子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「おんなのこのめいさくたからばこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784052025204

幼児〜小学生(低学年)

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あかずきん・にんぎょひめなど、女の子が大好きな名作だけを集め、たっぷり12話収録したロマンチックな読み聞かせ絵本。懐かしさのあふれるイラストは大人の心も惹き付けます。いつまでも手元に置いておきたい、たからばこのような一冊。

ベストレビュー

ちょっとはしょっているけど・・・

3歳4か月のムスメに買ってやりました。女の子が好きそうな女の子のお話しがいっぱいつまっています。イラストもどぎつくなりすぎず、でもイラストレーターが描いてあるものがほとんどなので、娘のとっつきもいいです。一通り読んでやりましたが、一番食いついたのが「シンデレラ」。昔なつかしのレモンちゃんがイラストで、ちょっと安直な感じもしますが、娘は気に入ってしまい、そのページを開いたまま持ち歩く始末。これだけ女の子のストーリーが詰まっていてもなぜこのおはなしなのかはわかりませんが、なんとなく好き!がわかるようにできているのかも。

ただ、個人的にはだいぶストーリーがはしょられている気がしても物足りなさも。でも、3歳児にはそれほど集中力があるわけではないので、このくらいが手頃なんだ、と思って何度も何度も読んでやっています。ひととおり女の子のストーリーを読み聞かせるには手頃ですね。
(minatsuさん 40代・ママ 男の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 和子さんのその他の作品

紙芝居 くまちゃん ねこちゃん たべようね / おやつなんだろう? / ウサギのフローレンス(2) はじめてのダンスパーティー / ウサギのフローレンス(1) 野原のたんじょう会 / しっぽのつり / ミャオ!おおきなはこをどうするの?



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

おんなのこのめいさくたからばこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット