もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
パディントンの大切な家族
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パディントンの大切な家族

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
絵: ペギー・フォートナム
訳: 石井 桃子 松岡 享子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784834023831

小学中学年から
ページ数: 200 サイズ: 20X14cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ラグビーの試合で大活躍のパディントン。そこに突如ルーシーおばさんが登場し、物語は一気にクライマックスへ。はたしてパディントンはペルーに帰ってしまうのでしょうか!?

ベストレビュー

表紙はパディントンとルーシーおばさん

シリーズの最後の本です。
パディントンが学校に行くことになったお話。
掃除機を買わされた詐欺事件。
裁判所で証人と間違われたお話。
年に2回ある、夏の誕生日にブライトシーで水上スキーをするお話
など7つのお話があります。
最後には、リマの老ぐまホームにいるはずのルーシーおばさんが追に登場します。
ルーシーおばさんもすてきなクマでした。
ルーシーおばさんはリマに帰りましたが、
パディントンは、これから先もずっとブラウン家にいるようです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!

マイケル・ボンドさんのその他の作品

パディントンのクリスマス / パディントンのサーカス / 人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし / パディントンのマーマレード迷路 / パディントンのにわづくり / パディントンの金メダル

ペギー・フォートナムさんのその他の作品

くまのパディントン(全10冊) / パディントン街へ行く / パディントンのラストダンス / 福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9) / 福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8) / 福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)

石井 桃子さんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ちいさいおうち THE LITTLE HOUSE / プーのはちみつとり / イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険

松岡 享子さんのその他の作品

グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / りこうな子ども アジアの昔話 / サンタクロースの部屋 / 岩波少年文庫 大きなたまご / ペニーさんのサーカス



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

パディントンの大切な家族

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット