貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おげんきですか?ぼくのうち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おげんきですか?ぼくのうち

  • 絵本
  • 児童書
作: きたやまようこ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年10月
ISBN: 9784034390702

小学初級から
A5判 22cm×16cm
72ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

旅に出たポチブルが、なつかしい自分の家に手紙を書きます。
のどかな旅の楽しさと、身近な物へのなつかしさを思い出させます。

ベストレビュー

不思議な魅力があります

「ぼくのポチブルてき生活」シリーズの3作目です。
今回、ポチブルは雲に誘われて旅に出ます。旅先から、自分の家の窓や屋根などに、旅のお話をつづった手紙を出します。最後は、懐かしい我が家へ帰りつきます。

犬が手紙を出すというのもなかなか珍しいですが、出す相手が家の窓などなのでびっくりします。さらにそれらもポチブルに手紙を書きます。シュールな感じですが、ほのぼのして心温まります。
読まれる方はぜひ、1から読んでほしいと思います。
(じっこさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きたやま ようこさんのその他の作品

りっぱな犬になる方法+1 / ねんねのおとがきこえるよ / ここがすき / おつきさまはいちねんせい / 1日1話絵本 うわさのようちえん / うみべのいえの犬 ホーマー



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

おげんきですか?ぼくのうち

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット