話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?

PUI PUI モルカー 渋滞はだれのせい?(フレーベル館)

大人気アニメ「PUI PUI モルカー」が絵本になりました!

  • かわいい
  • 盛り上がる
ありのフェルダ

ありのフェルダ

  • 児童書
作・絵: オンドジェイ・セコラ
訳: 関沢 明子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784834023497

読んであげるなら 5・6才から
自分で読むなら 小学中学年から
23X16cm・128ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あり塚で、そり遊びをしていたありのフェルダは、男の子にマッチ箱に閉じこめられてしまいます。なんとか箱から抜けだして、ひとり暮らしをはじめ、てんとう虫のベルシカに出会います。一目で好きになったフェルダは、バッタの馬車をプレゼントするために、バッタをつかまえにいきますが、木食い虫のピトリークさんが、おせっかいをやきにきます。その後、裏切り、逮捕、裁判と、さんざんな目にあうフェルダですが、なにがあってもへこたれません。
 個性豊かな虫たちが、自然のなかで繰り広げる騒動は、ユーモアたっぷりで、なかなか刺激的です。この物語は、1930年代にチェコでうまれて以来、世界各地で多くの人をとりこにしてきました。
 作者のセコラは、新聞記者としての経歴があり、取材を通して、人々の興味や気質を鋭くとらえたといわれています。そのせいか、登場する虫たちは、人間味にあふれ、起伏のあるストーリーは、読む人の心をつかんではなしません。読んであげれば、5歳ぐらいから十分に楽しめます。 

ベストレビュー

前向きでいい!

6歳の長男が読めそうな本を探していて自分で読んでみました。

ありのフェルダが、男の子に見つかってマッチ箱に閉じこめられたところから始まる冒険話です。

他の昆虫がどんどん登場して、次々と事件が起こりますが、とても前向きなフェルダは全くへこたれません。

短く章に分かれているので、読みやすいです。一人読みができるようになったばかりの子が挑戦するのにお勧めです。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

オンドジェイ・セコラさんのその他の作品

ありづかのフェルダ / とらわれのフェルダ

関沢 明子さんのその他の作品

かえでの葉っぱ / なかないで、毒きのこちゃん / お医者さんのながいながい話 / 郵便屋さんの話 / リスとアリとゾウ / コブタくんとコヤギさんのおはなし



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

ありのフェルダ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット