新刊
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ニーナのなーに?なーに?

ニーナのなーに?なーに?

作・絵: どい かや
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥440

「ニーナのなーに?なーに?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784032460308

出版社のおすすめ年齢:3・4歳〜
15cm×14cm/32ページ

出版社からの紹介

猫のニーナはいろんな形になれる。影を見て想像する楽しさ。語りかけ、スキンシップをより深める為の手軽なペーパーバック絵本。

ベストレビュー

騙されっぱなしの娘

いろんな形になれるねこのニーナ。
娘はニーナに騙されっぱなしです。笑

ボールやうさぎ、タコなどのシルエット。
「これなにかな?」と聞くと、しっかり「ボール!」「ピョン!(うさぎ)」「タコ!」と答える娘。
でもみんなニーナなんですよね。娘はちょっと目が点になっていました。

2度目に読んだときにボールを見て「ニャンコちゃん!」と答えたときには、もうひっかからないかと思ったのですが、その後は「ピョン!」「タコ!」
何度でも楽しめそうです。

本を読み終わってしばらくしてから、仰向けになって「いち、に、いち、に」と体操する娘。
「なにしているの?」と聞くと、「ニャンコちゃん!」
ニーナが体操するのを真似っこしていました。
(こりえ♪さん 30代・ママ 女の子2歳)

関連記事

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ニーナのなーに?なーに?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら