話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

レイトン教授とさまよえる城

レイトン教授とさまよえる城


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「レイトン教授とさまよえる城」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

大きさ:四六判、322ページ

作品情報

発行日: 2008年12月18日
ISBN: 9784092897175

出版社からの紹介

あのメガヒットゲームシリーズが初の小説化!
シリーズ累計250万本突破の超人気ゲームシリーズが、はじめて本格小説に!
ゲームでおなじみのレイトン教授とルーク少年が、今回出会った”ナゾ”は「さまよえる城」。
最後の大きなナゾが解明されるとき、そこには大きな感動が待ち受けている……!

ベストレビュー

『謎伝説』を科学で解き明かせ!

小説版レイトン教授の、一冊目(だと思います)。

ミステリーの随所に、謎解きパズルがちりばめられた、一冊で二度楽しめる構成。

教授の助手、ルークが、空中に浮かぶ城を目撃したことから物語が始まります。

宙に浮かぶ城に始まり、古代の信仰を思わせる謎の手紙を残して失踪した男など、少し不気味で不可思議な事件を追いかける教授達は、やがて、壮大な謎と伝説に向き合うことになります。

モチーフは、オカルトと科学と言って良いかもしれません。
作品全体に『ダ・ヴィンチ コード』やTVドラマ『トリック』を思い起こさせる雰囲気が漂っています。

二冊目『レイトン教授と怪人ゴッド』に比べると、やや大人びた内容だと思いました。
パズルは、大人と一緒ならば低学年から楽しめますが、小説は中〜高学年がお勧めかも。
(こはこはくさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > レイトン教授とさまよえる城

ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

レイトン教授とさまよえる城

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット