ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年04月
ISBN: 9784035282907

小学中級から
22cm×16cm 142ページ
判型:A5判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

サンゴロウがマリン号でさまざまな島を訪れ、事件や人物にであう、黒ねこサンゴロウ番外編。「みどりの小鳥」「幽霊船」など3編。

ベストレビュー

どのお話も良かったです。

全シリーズの9冊目。
サンゴロウがめぐり逢った三つのお話からなっています。

何かのめぐり合わせで、縁ができた小さな命、
関われば、愛情が湧き、離れがたくなる、
一生懸命になって何をやっているのだろうと
自分を笑い飛ばしたくなるほどなのに、
心配が尽きなくなってしまう、
そんな思いがつづられたみどり色の鳥の話。

幽霊船では真珠島のシーナと又再会してしまいます。
お金と陰謀の話ですが、
ラストの船の上の野葡萄のワインと空の描写は
美しい色を感じました。

最後のお話は、ちいさな島の老人のお話。
自由を求め、王様をやめて一人暮らす、
不思議な老人が心に残りました。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。

竹下 文子さんのその他の作品

まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり / すすめ!うみのきゅうじょたい / まだかなまだかな / ポテトむらのコロッケまつり / こねこのえんそく はるののはら

鈴木 まもるさんのその他の作品

鳥の巣つくろう / わたり鳥 / ウミガメものがたり / だっこ / おはよう!しゅうしゅうしゃ / すすめ!ゆきのきゅうじょたい



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

黒ねこサンゴロウ旅のつづき4 金の波銀の風

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット