もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
すりばちの底にあるというボタン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すりばちの底にあるというボタン

  • 児童書
作: 大島真寿美
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「すりばちの底にあるというボタン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年02月
ISBN: 9784062153065

四六判・222ページ

出版社からの紹介

すりばち団地のひみつ、守らなきゃ
小学生の女の子、薫子と雪乃の前にあらわれた男の子、晴人。3人が知っていた「すりばち団地のひみつ」はまったく別のものだった!?団地を舞台に、瑞々しい筆致で紡いだ大島真寿美の最新作!

「すりばち団地」に住んでいる薫子と雪乃は、幼なじみ。その2人の前にあらわれた転校生の晴人。薫子と雪乃が知っていたのは「ボタンを押すと世界が沈んでしまう」ということ。しかし晴人が知っていたのは、「ボタンを押すと願いが叶う」ということ。どちらが真実?3人は、真実を探しもとめ動きだす。
――団地を舞台に心の揺れ動きを丁寧に描き出した物語。

ベストレビュー

ボタンを押すと…?

すりばち団地の敷地の底にあるというボタン。
それを押すと、夢が叶うだとか、団地が消えてしまうだとか…都市伝説(?)的な話。
いったいどんなボタン?そもそも本当にあるの?と思いつつ。
ボタンを探しているうちに、だんだんと真相が…!?

(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

大島真寿美さんのその他の作品

ポプラ文庫ピュアフル 空はきんいろ / ポプラ文庫ピュアフル ちなつのハワイ / ポプラ文庫ピュアフル ぼくらのバス / 青いリボン / 空はきんいろ / ちなつのハワイ



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

すりばちの底にあるというボタン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット