ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)

作: 上橋 菜穂子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥580 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

泣けます!

不思議な生物、闘蛇を操る職人の母、そして10歳の娘。上に立つもののせいで、母が殺されるが、なんとか娘のエリンは逃げ出し、ジョウンというおじさんに拾われる。けなげなエリンが泣けます。

全体に、賢く、けなげなエリンに親も子も学ぶところが多いと思います。母ソヨンが死ぬときに、読んでいる私も泣けてしまいました。主役になっている娘さんが10歳なので小学生中学年くらいから読めると思います。

でも名前がとても韓国っぽい。この作家さん、韓国出身なんでしょうか?エリンという女性の名前が韓国だとあるし、ソヨンとかドヨンとかもあるし、ジョウンは私は聞いたことないけどジョンウンという韓国女性の名前ありますしね。韓流ドラマ見た後はとても覚えやすい名前でした。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


上橋 菜穂子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 鹿の王 上 / 鹿の王 下 / 明日は、いずこの空の下 / 物語ること、生きること



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット