話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

紙芝居 あおよ、かえってこい

紙芝居 あおよ、かえってこい

作: 早乙女 勝元
絵: 木村 正志
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年05月
ISBN: 9784494074488

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

太平洋戦争の末期、ぼくのともだちのけんちゃんの家にあおという馬がいた。
三月十日の大空襲の日、ぼくとあおは炎につつまれ…。

ベストレビュー

東京大空襲の中で

東京大空襲がノスタルジックに描かれているようで、早乙女勝元さんが描く他の作品からは、ちょっと見劣りする残念さがあります。
でも、あの大空襲の頃に、町中に馬がいたことに不思議さを感じました。
馬は戦争に徴用されて、町中にはいないと思っていました。
この作品が出された時はは、戦後60年だったのですね。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


早乙女 勝元さんのその他の作品

杉原千畝とコルベ神父 / 紙芝居 三月十日のやくそく / 美しい橋 / ゲルニカ 無差別爆撃とファシズムのはじまり / 赤ちゃんと母の火の夜 / ゆびきり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 あおよ、かえってこい

ゾロリと3つの試練に挑んでプログラミング思考を育てよう

紙芝居 あおよ、かえってこい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット