宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
四字熟語グラフィティ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

四字熟語グラフィティ

作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

五味太郎版四字熟語!軽快軽妙、斬新新鮮、前代未聞、笑顔誕生!
ユーモアいっぱい。目からウロコの新解釈。
あらゆる方向から考える人、五味太郎ならではのひねりが効いた一冊です。
通学、通勤に携帯しやすいソフトカバー版。いつでも90の四字熟語が楽しめます。

ベストレビュー

えっ!そういう意味だったの?

五味太郎さん的、四字熟語解釈版。
『一石二鳥』
 一石で鳥が二羽……?ふーん、それがどうした。それで得したと。とぼけたこと言ってんじゃねえよ。一石で二羽ならついでに三羽もいけるだろうが?!
こんな調子で始まりました。
とにかく面白い解釈。ヘタすると、こちらの方がすんなりと入ってきそうで、思わず苦笑いでした。イラストもなかなかユーモアたっぷり。知らない四字熟語なんて、そういう意味だったのかとそのまま受け入れてしまいそうになりました。
巻末には、一般的意味合いと称する解釈も書き加えられているので、こちらも参考になります。なんて親切なんでしょう。
(おしんさん 40代・ママ 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / カッターであそぼう! / 色の紙の本 / CUT AND CUT! キッターであそぼう! / 行ったり来たり大通り / つくえはつくえ



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

四字熟語グラフィティ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット