だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
みんなの聖書絵本シリーズ 16 五つのパンと二ひきの魚
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなの聖書絵本シリーズ 16 五つのパンと二ひきの魚

  • 絵本
作: 日本聖書協会
絵: 杉田幸子
出版社: 日本聖書協会

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥952 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784820242451

天地250mm×左右210mm・30ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

パンが五つと魚が二匹。おおぜいの人を前にイエスさまは…。

ベストレビュー

巻末の解説がとってもいいです。

全ての福音書に書かれているというこのお話、
実際に息子と読んでみるまで、
知っているようで、きちんと理解できていなかったんだなぁと
ちょっと反省をしました。

5000人以上いる民衆にパンを与えるには、
200デナリオン以上必要だったという
くだりがありますが、
200デナリオンは当時の労働者の200日分のお給料。
ざっくり、200万円ほど。

また、当時のイスラエルの民は肉より魚を主な副食としていたこと。

このような解説が巻末にあるのですが、
当時の時代背景を踏まえて読んでみると、
物語をより深く理解できるし、また身近なものに思えてきます。

息子も、本編よりも、解説を読んで聞かせてあげていたときの方が、
反応がよかったように思います。

巻末の解説に感謝です!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本聖書協会さんのその他の作品

みんなの聖書絵本シリーズ 34 ソロモン王のちえ / みんなの聖書絵本シリーズ 31 あなたについていきます / みんなの聖書絵本シリーズ 30 神さまの国〜イエスさまのたとえ話〜 / みんなの聖書絵本シリーズ 29 エリコのかべ / みんなの聖書絵本シリーズ 28 ザアカイと金もちの若者 / みんなの聖書絵本シリーズ 27 大臣になったヨセフ

杉田幸子さんのその他の作品

みんなの聖書・絵本シリーズ 35 生まれかわったパウロ / クリスマスのおとずれ / みんなの聖書絵本シリーズ 33 ひつじかいの夜〜クリスマス(3)〜 / みんなの聖書・絵本シリーズ 32 おきて歩きなさい〜イエスさまのいやし〜 / みんなの聖書絵本シリーズ 26 教会のはじまり / みんなの聖書絵本シリーズ 24 ペトロのやくそく



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの聖書絵本シリーズ 16 五つのパンと二ひきの魚

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット