きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ビッグ・えほん モチモチの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビッグ・えほん モチモチの木

  • 絵本
作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥9,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ビッグ・えほん モチモチの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

120万部突破の感動のロングセラー絵本「モチモチの木」が、よみきかせ用の大判絵本になりました。横に開くと幅90センチのビッグサイズ! 勇気とやさしさをよびかける感動の名作が迫力満点の美しい切り絵の世界とともに楽しめます。

ベストレビュー

一歩踏み出す勇気

 じさまと暮らしている主人公の豆太は勇敢な父親やまだまだ元気なじさまと比べると、いつも弱気で怖がりのため、5歳になってもなかなか夜中のトイレに一人では行けないでいました。それは、トイレの横にある大きいモチモチの木が夜になるとお化けのように見え怖かったからです。そんな豆太は自分と父親・祖父と比較し、勇気のない自分に劣等感・コンプレックスを抱いていました。
 しかしある夜、突然じさまが倒れているのに気が付き、豆太は自分一人だとじさまを助けてあげられない状況にありました。じさまを助けるためには離れたところにいるお医者様を呼びに行かなければ行けない。しかし、そこに行くまでにはいつも怖がっているお化けのようなモチモチの木を通っていくことになります。怖がっているとじさまを助けるためのお医者様を呼びに行けないため見殺しにしてしまうことになってします…。
 そういった状況から豆太は勇気を振り絞って一人でお医者様を呼びに行くことが出来ました。自分の大切な人がいなくなってしまうことを考えて、豆太にとって何が大切かを豆太は理解したのです。豆太の喜びが勇気のある子供一人にしか見えないモチモチの木に灯された明かりからも読み取ることが出来ます。
 人間は本来防衛機能を持っており、コンプレックスや劣等感を極力隠そうとします。しかし、豆太のように自分にとって大切な人がいなくなってしまうかもしれない状況を目の当たりにして、自分にとって何が大切かを体得するのです。この物語ではモチモチの木が豆太が抱いているコンプレックスや成長した過程をうまく表されています。
(CuRuMiさん 20代・ママ 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斎藤 隆介さんのその他の作品

The Tree of Courage モチモチの木 (英語版) / 斎藤隆介童話集 / ビッグ・えほん「半日村」 / ビッグえほん ひさの星 / 紙芝居 モチモチの木 / モチモチの木

滝平 二郎さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(10) 古田足日子どもの本 / たなばたさま / 滝平二郎 きりえかるた 江戸いろは 児童版 / ベロ出しチョンマ / ふき / そらをとぶふね



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

ビッグ・えほん モチモチの木

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット