もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
パパのおはなしきかせて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパのおはなしきかせて

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: オームラ トモコ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「パパのおはなしきかせて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年06月
ISBN: 9784092897816

よみきかせ・3歳から
ひとりよみ・6歳から
A5変・64頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

絵本を卒業して読み物の世界に1歩踏み出す大切な時期の子ども達に、読書の楽しさを伝えたい。
そんな思いを込めた幼年童話の新シリーズ「すきすきレインボー」。
当代一流の執筆者と画家による、楽しくバラエティに富んだ良質のお話を届けます。

パパが聞かせてくれるすてきなファンタジー。

ぼくのパパ、ずーっと前は、サッカー好きな男の子のスニーカーだったんだって!? 
読む楽しさがあふれる、ユーモアたっぷりのお話。

ベストレビュー

パパが読んであげるのにとても良い絵本

絵本雑誌の「おひさま」で掲載されているシリーズを纏めた絵本だと思う。僕は「おひさま」で数話しか読んだことないがどれも最高のファンタジー。そのなかでも、パパチョッキンというお話が一番好き。パパが息子に、以前、ハサミだったころの話を語る。他にもパパブランコ、パパカーとかあって、どれも短いけど展開も結末にも意外性があって楽しい。

パパチョッキンの話だけ書かせてもらうと、パパが以前ハサミだったとき、パパチョッキンという名前だったんだけど、ある日その家の人がみんな出かけてしまって、寂しくなったパパチョッキンが近くにある紙を切ってほんといろんなものを作って、あとでのりやホッチキスと協力してすごい紙細工の作品に仕上げる。帰ってきたときその家の子どもがそれをみて大喜びするんだけどママは不思議そう。その家のパパだけ、パパチョッキンたちがやったって気づいていて、こっそりパパチョッキンたちにウィンクするんだ。

パパが主役だからかもだけど、こちらまでほんとうに楽しい気持ちにさせてくれるお話し。
(しゅうけんパパさん 40代・パパ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

魔女の宅急便 特別編 キキに出会った人びと / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / ねむりひめ / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 角野栄子さんと子どもの本の話をしよう / トンネルの森 1945

オームラ トモコさんのその他の作品

すやんこすやんこおやすみなさい / ゆっくりゆっくりなまけものくん / 紙芝居 はたらくくるま だいかつやく / こんできました / なんのじゅうたい? / こんやは なんのぎょうれつ?



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

パパのおはなしきかせて

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット