ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
岩波少年文庫 1053 あそびあいてはおばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 1053 あそびあいてはおばあさん


出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥583 +税

「岩波少年文庫 1053 あそびあいてはおばあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年11月15日
ISBN: 9784001110531

出版社からの紹介

おかあさんが入院している間、カオルのさびしさをまぎらわしてくれたのはおばあさん。花札の絵合わせや手まり歌、そして不思議なお話の数々が幼いカオルを未知の幻想の世界につれて行ってくれた。

ベストレビュー

素敵なおばあちゃん♪

木島 始 著
梶山 俊夫 絵

です
なんとなく、手を出しにくそうですが(^^ゞ
是非、手に取ってください!!

泣き虫カオルって言われても
仕方ありません
おかあさんが入院しちゃたのですもの

同じ境遇に
私もしんみり

でも、おばあちゃんが素敵なんです
寄り添ってくれてる
でも、このおばあちゃんは
結構マイペースなのかも(^^ゞ

花札で遊んでくれる!
絵合わせって思えば、全然平気なんだけど
お父さんに怒られちゃったり
取り上げられてり
でも、わかってもらえたけどね

おはなしがすごいのです
昔話といっても
現実味あるというか
背景があるんだなぁ・・・という
おはなしなんです

うみぼうずのおはなしは
かなり深いと思います
戦争が絡んでします
本当の地獄を見たひとなんだろうなぁ・・・

と思うと
お父さんの小さい頃の話も
なかなか

おばあちゃんの心と共に
カオルちゃんは、生きていくと思いました

梶山 俊夫氏の絵もあじがあっていいです
是非、親子で小学中学年位から
読んでほしいです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ




『ドームがたり』読み聞かせレポート

岩波少年文庫 1053 あそびあいてはおばあさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット