たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
おさるとぼうしうり(洋書版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさるとぼうしうり(洋書版)

作品情報

発行日: 1988年4月
ISBN: 9780201091472

U.S.定価 :$ 15.99
翻訳作品
おさるとぼうしうり

この作品が含まれるテーマ

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 25.8 x 横 20.9 x 厚さ 1.3(cm) 言語:英語

おはなし

 帽子売りの行商人は、頭の上に売り物の帽子を乗せ、「ぼうし、ぼうし、ひとつ50円!」とかけ声を上げながら町から町へと売り歩きます。
 ある日のこと、この日は朝から帽子がひとつも売れません。行商人は長いこと歩いたので、大きな木の下でひと休み。売り物の帽子がちゃんと頭に乗っているか確かめてから昼寝を始めました――。どのくらい寝たのでしょう。目が覚めたとき、疲れがとれて気分はさっぱり。……でも大変! 大事な売り物の帽子が頭の上からなくなっています!
(翻訳作品より転載)

みどころ

 1940年の初版以来、世代を超えて読み継がれてきた米国の古典絵本。最後に笑いが待ち受ける傑作です。何といっても抑えた色合いで全体を包む、シュールな画風のイラストが印象的。頭の上に、自分の格子縞の帽子のほかに売り物の帽子12個を乗せて歩く行商人の姿は、中でも特に目を引きます。この独特なイラストの持つ不思議なイメージが、帽子が消えたという謎の事件の緊張感や、後半に繰り広げられるユーモアの度合いをいやおうなしに高め、本作品の大きな魅力になっています。
 帽子がなくなってしまったのは、実はおさるの群れの仕業だったのですが、行商人がどうやって帽子を取り返したのかは読んでからのお楽しみ。登場人物のしぐさがありありと目に浮かぶ状況描写や、笑いを引き出す「間(ま)」を生かした文章は、時代を超えてキラリと光っています。ストーリー展開のおもしろさは、古典絵本と称される人気のほどをうかがわせてくれます。
――(ブラウンあすか)
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

ユーモアがあります

おさるにぼうしを取られた帽子売り。最後にいらっとしてあることをしたら、さるたちがまねをして、元通りになりました。

なかなかウィットがきいていると思います。娘も喜んで聞いていました。

しかし疑問なのですが、さるがかぶった帽子をまた同じ価格で売ってはいけないような、、、というかそもそも売ったら頭にノミがつきそうです(笑)
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エズフィール・スロボドキーナさんのその他の作品

おやすみなさいABC / おさるとぼうしうり



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

おさるとぼうしうり(洋書版)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット