このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!の試し読みができます!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
わたしの病院、犬がくるの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの病院、犬がくるの

  • 絵本
文・写真: 大塚 敦子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784265006311

小学校中学年向け
A4変型判・26.0×22.0cm・44頁

出版社からの紹介

病気で入院中も楽しいことを見つけ、友だちと遊び、日々成長していく子どもたち。
その生きる力の輝きを、病院にくるセラピー犬とのふれあいを通して伝える感動の写真絵本。

ベストレビュー

ちょっと辛い内容でした

難病にもめげず、けなげな子どもたちの姿に心うたれました。
セラピー犬に癒やされながら、医師のチームワークに支えられながら、親の愛情に力をもらいながら、同じように病気と闘う子どもたちと病院生活をしている子どもたち。
彼らの笑顔が耀いているのに驚かされました。
健常でいることの素晴らしさを感じながら、思いやりを持ちたいと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大塚 敦子さんのその他の作品

犬が来る病院 命に向き合う子どもたちが教えてくれたこと / いつか帰りたいぼくのふるさと / 地雷のない世界へ−はたらく地雷探知犬 / 平和の種をまく / さよなら エルマおばあさん



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

わたしの病院、犬がくるの

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット