モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
砂のゲーム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

砂のゲーム


出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年08月10日
ISBN: 9784265041749

出版社からの紹介

ナチスのユダヤ人迫害ホロコースト(大量虐殺)

ベストレビュー

読んでください。アンネとは違った世界です

上の子が、第2次大戦中の話が読んでみたい。特にヨーロッパの話。という難しい注文を出してきました。
どこがどう難しいかというと、「戦争物」の文学は、選択を間違えると子どもに恐怖しか与えないんじゃないかと、私自身が感じているからです。

きちんと戦争のことが伝わってくるもので、難しすぎず、かつ読んだ後に重くならない作品。
色々考えて、この作品をさがしてきました。
自分的には大正解だったと思いました。

これは作者の自伝ですが、決して悲しいドラマ仕立てにしていません。
それでいて、きちんとナチスドイツのユダヤ人迫害についても、
当事者の子どもの目線で、
しっかり伝えてくれている物語でした。

「ゲットー(ナチスドイツ軍がユダヤ人たちを収容していた強制隔離地区)」や「ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)」など、ナチスドイツの代名詞ともなる言葉が頻繁に出てきますが、
作者=主人公のぼくは、
弟と「戦争あそび」などしながら子供らしくありつづけ、
実際身近に起きている戦争の出来事は、
まるで夢でおきている事のように語っていきます。
(それでも事実はキチンと描写してくれていますが)

中でも本当に命の危険にさらされたことがあり、その時「ぼく」は弟に「そうだよ。夢なんだよ」と答えています。
この時のことは本書の中で、「冒険談」として短くまとめてあります。
また、何箇所か移動したゲットーの中で、
「ぼく」は、あのアンネ・フランクのいた収容所=ゲットーの隣(の収容棟)にいたことがあったそうです。
偶然というのは不思議なものですね。

この作品には副題として「ぼくと弟のホロコースト」とあって、
翻訳者は後書きで、外国人ジャーナリストに質問された時の作者の言葉を記してくれています。

「あなたにとって『ホロコースト』はホロコーストにすぎないでしょうが、私にとって、それは、子ども時代でした」
この一文は作品のすべてを語ってくれています。

うちの下の子は少し前に「アンネ・の日記」を読んで、感動したといっていました。
この作品も「アンネの日記」共々小学校中学年くらいから高校生くらいの子どもたちに、ぜひ読んでもらいたい素晴らしい作品です。
子ども目線で、大変読みやすく描かれています。
また、「アンネの日記」だと、男の子は読みずらい面をあるでしょうが、こちらは男の子が主人公なので、男女ともに手に取りやすいと内容になっています。

有名な歌に「戦争を知らずにぼくらは育った」というフレーズがありますが、
世界を巻き込んだ戦争について、実体験していない我々子育て手世代、現役の子どもたちが、
「知らなかった戦争」に触れるきっかけになるきっかけになるのではないでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

砂のゲーム

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット