貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ぼくのはなさいたけど…
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのはなさいたけど…

  • 絵本
作: 山崎 陽子
絵: 末崎 茂樹
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのはなさいたけど…」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年
ISBN: 9784323012797

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

こぐまのトトは、ひみつの場所に花畑をつくりました。誕生日をむかえるおかあさんに、花をプレゼントしようと思ったからです。ところがせっかく育った花が、一本また一本と、へっていきます。

ベストレビュー

お母さんへの想い

こぐまのトトは森の中の秘密の場所に花の種を埋めました。もうすぐお母さんの誕生日。プレゼントしようと毎日お世話をしてきたんだ。でも何だか花が減ってるみたい・・・ 犯人はモグラの女の子。病気のお母さんにお花を持って行ってたんだ。誕生日当日、2本のお花がとても綺麗に咲いていた。でもトトは1本残しておくことにした・・・
お母さんへの想いを大切にするトト。だからこそモグラの女の子のお母さんへの想いが痛いほどわかったんでしょうね。大切に育てて花束にするはずだったプレゼントは、たった1本になってしまったけど、そんな優しいトトこそが一番のプレゼントですね。優しさ溢れるお話です。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山崎 陽子さんのその他の作品

水たまりの王子さま / め牛のママ・ムー / こだぬきの おねがい / だいすきな サンタさんへ / うさぎの ぴこぴこ / はりねずみのピックル

末崎 茂樹さんのその他の作品

わんぱくだんのおにわのようせいたち / おーいおばけ / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / わんぱくだんのおかしなおかしや / わんぱくだんのてるてるぼうず



フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

ぼくのはなさいたけど…

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット