雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
兎あにいおてがら話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

兎あにいおてがら話


出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年6月
ISBN: 9784892385568

11歳〜12歳


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

象どんに危うく踏みつぶされそうになった兎あにい。「ちいこすぎるから見えなかった」と言う象どんに、怒った兎あにいは……。第1話『兎あにい、してやったり』をはじめ、6つの昔話を収めた、ユニークな縦開き絵本です。鉛筆で描かれたコマ割りのイラストも楽しい。

ベストレビュー

おもしろい民話と絵がマッチしていて!

図書館で借りて読みました。今江祥智さんと遠藤育枝さんの訳で
絵はエド・ヤング氏

著者からの一言もシー・アイランド諸島の歴史が分かり学ばされました
ガラ語で話す人々が今もなお昔話を語り継がれていることもそして今江さんたちが訳してくださったのだと言うことも・・・・

お話は 第1話〜第6話まであります。

第一話の兎あにい、してやったりはぞうが大阪弁でしゃべるので、関西人としては親しみ深くお話も兎のずるがしこさがうまく表現されておもしろかったです
それに 横に描かれている絵が 良いんです 気に入りました!

四こままんがのようです。 ただ・・・絵本としてはこの縦長は読みづらかったです。
しかし どのお話もどこかで聞いた話もありますが・・・・
ユーモアたっぷりです。
最後の がらがらへびの口約束は、兎あにいが助けてあげて


「おやくにたててうれしいよ。 相手の言うことを 本気にするまえに、相手がどんなやつかってことを まず考えなくっちゃな。
言葉のほうがいってる 本人より、じょうとうってことはないんだから。
いや、ほんとに ほんと」

語りでしたらおもしろいと思いつつ
この絵本の絵が何とも言えず 良いんです!
皆さんも 一度読んでみてください!
お奨めします!
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

兎あにいおてがら話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット