貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
機関車・電車の歴史
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

機関車・電車の歴史

作・絵: 山本 忠敬
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年05月
ISBN: 9784834017069

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 180 サイズ: 28X26cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

乗り物絵本の第一人者による鉄道の歴史図鑑。蒸気機関車が発明されてから、高速列車が活躍する現代に至るまでの世界の鉄道の歴史が、正確に、かつ美しく描かれている。

ベストレビュー

図鑑好きにもおすすめ!

しょうぼうじどうしゃじぷたの絵で有名な作者の本です。
歴史、とはいうものの、古い順に機関車が並んでいる図鑑のような作りになっています。

その機関車が素敵なんです!表紙を見せて本棚に飾って置いておきたいくらいです!
もちろん表紙だけではなく、大人が見てもきれいだと思えるような、カラフルでバラエティに富んだ形をした機関車がたくさん出てきます。新幹線まで載っていますが、断然機関車が多いです。

2歳の息子が、しゅぽぽ!と言っては一人でめくって見ています。図鑑好きで電車好きの彼の、今一番のお気に入りです。
大きくて厚い本なので、小さな子がめくっている姿はとてもかわいいです。

説明部分はもっぱらパパが読んでいます。たまにうんちくを教えてくれたりして、家族中で楽しんでいます。
(にしがはちさん 30代・ママ 男の子5歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 忠敬さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / でんしゃがはしる / とっきゅうでんしゃあつまれ / 大型絵本 しゅっぱつしんこう! / ちからもちのタグボート とーとー / 大きな大きな絵本 たろうくんの じどうしゃ(チャイルド本社刊)



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

機関車・電車の歴史

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット