1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
読み物単品 病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の薬
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

読み物単品 病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の薬

作: 岡田 晴恵
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784052032028

小学生(高学年)〜一般

出版社からの紹介

2009年春から流行が始まった新型(豚)インフルエンザを受け、病気についての正しい知識と予防法を、子どもから大人まで広く伝えるために医学博士自ら書き下ろした読み易い創作ファンタジー。薬作りに奮闘する若い魔女ローズに勇気づけられる良書。

ベストレビュー

新型インフルエンザの知識本!

私よりも、上の子がハマっているシリーズです。
ウィルス学者の魔女が大好きな作者が、
新型インフルエンザなど、地上で起こる病気の知識と、
それに対する薬の歴史や対処法などを、
大好きな魔女を使って、ファンタジー風味満載で物語ってくれるシリーズの第2弾。

内容的には1巻の「びょうきの魔女と薬の魔女」にかぶるところもありますが、この本が出版された当時はやり始め、猛威をふるった豚インフルイエンザの脅威や予防法(対処法)などを踏まえたこの2巻も、なかなか勉強になり、楽しい物語でした。

内容的には、中学生・高校生くらいのお子さんにお薦めしたいです。
こういう物語に触れて、医学や薬学の道に興味を持つお子さんも出てくるかもしれませんね。

(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

岡田 晴恵さんのその他の作品

気になるあの病気から自分を守る!感染症キャラクター図鑑 / インフルエンザウイルスのフルくん / ローズの希望の魔法 / 病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の地図 / 子どもといっしょに読む 新型インフルエンザハンドブック / 病気の魔女と薬の魔女



本をふって、ゆらして、おどかして☆遊んで楽しめる参加型絵本

読み物単品 病気の魔女と薬の魔女 ローズと魔法の薬

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット