ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
トロットおばさんとねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トロットおばさんとねこ

作・絵: ポール・ガルドン
訳: 岸田 衿子
出版社: 佑学社

本体価格: ¥880 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「トロットおばさんとねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

「ハーバートばあさんといぬ」に似てます。

この絵本はポールガルドンの昔話絵本シリーズ5です。
邦訳は岸田衿子さんでした。
実はこれ、どうしてもポール・ガルドンの作品を全部見たかったので、図書館で検索して借りてきたもので、背表紙がついてなくて、どこの国の民話(昔話)なのかもわかりません。
ただ、後で紹介しますが、マザー・グースの詩をもとにして作った「ハーバートばあさんといぬ」に酷似した作りなので、
マザーグースの詩を聞いたヨーロッパのどこかの地方で、勝手に生まれた物語か、マザー・グースがどこかの地方に伝わっている話を詩にしたのかもしれませんね。
昔ばなしは調べていくと、ホントに奥が深くて…。

なので、とても詩的なリズムの作りになっています。
日本でいうと言葉遊びみたいな感じですね。
ストーリーらしいストーリーはありませんが、ポール・ガルトンが描くおばさんと猫のやり取りがなかなか楽しいです。

小学校中学年以上のお子さんにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


ポール・ガルドンさんのその他の作品

うさぎとかめ / ふくろのなかにはなにがある? / ひよこのコンコンがとまらない / やぎのブッキラボー3きょうだい / いたずらこねこ / さるとわに

岸田 衿子さんのその他の作品

ねこどけい / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた / さんぽ だいすき / おいしいものつくろう



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

トロットおばさんとねこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット