貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
じてんしゃのへいたいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

じてんしゃのへいたいさん

作・絵: アレン・セイ
出版社: 新世研

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「じてんしゃのへいたいさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

偵察に来ている子どもたちが面白いです。

アレン・セイ(作者)は、面白いテーマを作品にするな〜と、思いました。
しかも前に読んだ「おじいちゃんの旅」とは、絵の感じも、作品の作り方も違う気がします。
戦後の日本の、物はないけど平和な空気の中での運動家の風景。
そこに現われたのは、今まで敵国とみなしていたアメリカの兵隊さん。
校長先生が兵隊さんと話している時、校舎の壁に張り付いて、何人かの子どもたちが偵察しに来ているのですが、その姿が何とも子どもらしくて、とっても好きなシーンです。

あと、面白いのはこの絵本に使われている色は3色くらいしかありません。
アレン・セイはなぜ、あえてこの色だけで作品を作ったのでしょうか?ちょっと気になります。
なかなか奥の深い作品だと思います。
日本には、こんな時代もあったのだということを知ることができる良いきっかけになりそうなので、小学校の高学年くらいの読み聞かせにいかがでしょうか?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子12歳)

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

アレン・セイさんのその他の作品

紙しばい屋さん / おじいさんの旅 / さんねんねたろう / はるかな湖



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

じてんしゃのへいたいさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット