くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
おみみをぴーん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おみみをぴーん

作・絵: さかいきみこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おみみをぴーん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「うさぎさんが おみみをぴーんて たてたら わんわんわんって きこえてきたよ」。さて、たあちゃんにきこえてきたものは?

ベストレビュー

耳にも色々あることがわかる。

低年齢用の絵本です。このたあちゃんシリーズは下の子のお気に入り。
この絵本も図書館で自分で選んできました。
今回は題名の通り、ウサギ、犬、ゾウ、そして人間のたあちゃんの「耳」が出てきます。
それぞれの耳の形、音の聞き方がそれとなく違う事を示唆していて、なかなかお薦めの作品です。
主人公のたあちゃんが、いつも笑顔を振りまいて登場してくるところが、うちの子にはまた嬉しいみたい。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さかいきみこさんのその他の作品

とんとんとん あそぼ / ビクターとブッチ / 10わのインコどこいった! / おとぼけマッギーさんうみのぼうけん / おとぼけマッギーさん / おくちをあーん



新米パパママへ贈る  子育てはツライ!?楽しい!? 本音トーク 座談会

おみみをぴーん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット