十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
目で見る進化 ダーウィンからDNAまで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

目で見る進化 ダーウィンからDNAまで

作: ロバート・ウィンストン
訳: 相良倫子
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,800 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784378041193

小学校高学年から大人まで
A4

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ダーウィン以前に人々が生命をどのように考えていたのかを詳述し、ダーウィン以降に進んだ遺伝学について、実例をあげながら楽しく紹介。また、ダーウィンの進化論を、彼の生いたちや実験を交えながら解説する。

ベストレビュー

専門的だけれど面白い

「目で見る」シリーズの1冊で、「進化」にスポットが当てられています。
進化、といえばやはりダーウィン「種の起源」ですよね。
あるいは、エンドウマメのメンデル。
学校で習った覚えがあるものの、非常に断片的なものに過ぎなかった私の知識が、この本を読むことでようやく系統だって捕らえられたような気がしました。

まずはダーウィンの生涯を追うことで、彼がどうやって進化論をまとめあげるに至ったか。
そして、ダーウィン以後に発見された「遺伝子」について。
現代では、人間の手によって遺伝子操作がなされるまでにいたっていますよね。
それでもまだ、「進化」には謎がたくさん残っているんだそうです。

後半部分では、生命の歴史をたどることで、地球上の生物の進化の過程をおさらいできます。
こういう生命の歴史があって、さまざまな進化があって、今ここにこうして「私」がいる、、、なんて不思議なんでしょう。

このシリーズはとても面白く興味深いのですが、内容が高度で専門的、文章も難しいので、科学好きな小学校高学年以上、あるいは中学・高校生くらいがちょうどいいのではないかなと思います。
(あんれいさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・ウィンストンさんのその他の作品

目で見る生命 / 目で見る化学 111種の元素をさぐる

相良 倫子さんのその他の作品

ヒックとドラゴン (12) 最後の決闘 上 / ヒックとドラゴン (12) 最後の決闘 下 / マンモスアカデミー(3) 林間学校で大ピンチ! / マンモスアカデミー(2) ねらわれた創立祭 / オリガミ・ヨーダの事件簿(3) オリガミ・チューバッカの占いのナゾ / マンモスアカデミー(1) きえた給食のなぞ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

目で見る進化 ダーウィンからDNAまで

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット