となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
マンモスの謎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マンモスの謎

作・絵: アリキ
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784751514559

小学校低学年〜中学生

出版社からの紹介

100年前、シベリアの雪原で毛むくじゃらの巨大な生物がみつかった。それは、何万年もの間氷づけになっていたマンモスだった……

ベストレビュー

恐竜の本も一杯描いているアリキ

上の子が恐竜にとても興味がアルので、図書館で見つけて借りてみました。
マンモスは恐竜の時代が終わりを告げ、氷河期がやってきたときにこの地球を闊歩していた生き物です。
この時代がどんな気候だったのか、その他にどんな生き物がいたとか、マンモスがどのような進化を遂げたのかが詳しく描かれています。
ついでに(?)この時代の人間たちが、どんなふうにマンモスを追って狩りをしていたのかも描かれていて、大変勉強になる絵本です。
まあ、勉強はともかく、恐竜とか歴史とかが好きな子にはたまらなく面白い絵本だと思います。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アリキさんのその他の作品

ああ神さま、わたしノスリだったらよかった / エジプトのミイラ / ひっこしした子 してきた子 / おじいちゃんといっしょに

千葉 茂樹さんのその他の作品

世界が若かったころ / スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫



おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

マンモスの謎

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット