ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
パーシーの魔法の運動ぐつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パーシーの魔法の運動ぐつ

  • 児童書
作: ウルフ・スタルク
絵: はた こうしろう
訳: 菱木 晃子
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784338246019

小学校中学年から
19×14cm・151ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

新装版復刊!
ひもはつぎたされ、底はすりへり、布地は緑っぽい灰色で、ぼろぼろ。
でも、この魔法の運動ぐつさえあれば、パーシーみたいに何でもできるようになれる! 
ウルフ少年のちょっとエッチでなんだか泣ける物語。

ベストレビュー

かなりやんちゃな少年物語

おとなしい少年ウルフも、正常な子供らしく女性に関心を持ち始める頃となりました。
そんなウルフが転校生のパーシーの破天荒ぶりのトリコになってしまいました。
難に着けても過激なパーシーにあこがれを持つウルフ。
その原動力は痛んで汚れたパーシーの魔法の靴。
ウルフはパーシーの魔法の靴と交換するために、あれこれと自分の宝物や兄貴の秘密の宝物を提供します。
パーシーはパーシーで思い切りの悪がきかと思ったら刺繍が好きで、親父の誕生日のプレゼントを考えているナイーブな心も持っている男の子。
ウルフがパーシーの魔法の靴を手にしてからの豹変ぶりがスゴイ。
別人になってしまいました。
冒険、初恋、異性への興味、思春期を迎える年頃の子には通り道だと思うけれど、この物語はかなり過激で刺激的。
眉をひそめる母親もいるかと思いつつ、やっぱり少年よ頑張れと思ってしまう物語です。
破天荒で、思い切りやんちゃで刺激的で、飛びぬけて笑えるのですが、ペーソスはたっぷり。
良い子のはずのウルフが、しでかす事件を知った母親は、ウルフを連れて映画館に。
喜劇を見ながら映画を見るでもなく、涙を流しているシーンは、子どもを信じる母親の表現として秀逸。
魔法の靴を、自らつけた火事の炎の中に投げ込んだウルフに、“自分のためにここまでやってくれた友だちはいない”と語るパーシーの純真な心は、ウルフの中にある性善説の昇華的表現。

こんな本が、児童書としてあるのも良いのではないでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウルフ・スタルクさんのその他の作品

トゥルビンとメルクリンの不思議な旅 / パーシーとアラビアの王子さま / パーシーと気むずかし屋のカウボーイ / ミラクル・ボーイ / ぼくはジャガーだ / 聖ヨーランの伝説

はた こうしろうさんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / おうちのものなあに / えほん図鑑 へんてこ!りくのぜつめつどうぶつ / はじめてのオーケストラ / みちくさしようよ! / なのだのノダちゃん (2)ひみつのわくわく七ふしぎ

菱木 晃子さんのその他の作品

のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール / ニルスが出会った物語 (5) ワシのゴルゴ



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

パーシーの魔法の運動ぐつ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット