あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
100ぴきのひつじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

100ぴきのひつじ

作: 小野寺悦子
絵: 樋泉 雪子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

寝るときひつじが数えられなくなるかも…。

タイトルと、表紙がが可愛かったので、小さい子向けの楽しい話かな?と思いっていたのですが、
これが意外に(私には)怖いお話だなと、思いました。

主人公のさっちゃんがひつじの数を数えながら寝ようとすると、「あなたに呼ばれたんですよ」といって、100匹のひつじがやってきて、色々頼みごとをするんです。
それが、100匹分の頼み事だから、大変そうでした。

夢だと思えるお子さんは楽しく読めるかもしれないけど、
「ほんとにさっちゃんみたいになったらどうしよう」って、考えちゃうお子さんには、寝る時、ひつじの数が数えられなくなるかもしれないです。

私の読んだものは『復旧版こどものとも』で、図書館に眠っていたのを探してもらいました。
発行が1985年と、年季が入っているので、たぶん図書館でないと読めないかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


小野寺悦子さんのその他の作品

あーといってよあー / ぺろぺろりん / こうま / つららがぽーっとん / なんかなんかあるよ / しょぽろしょぽろ まちのかわ



『ななちゃんのおかたづけ』書店員さんに話を聞きました

100ぴきのひつじ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット