なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
魔女になりたかった妖精
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女になりたかった妖精

  • 絵本
作: ブリジット・ミンヌ
絵: カルル・クヌート
訳: 目黒 実
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「魔女になりたかった妖精」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

妖精のローズマリーが、 どうしてもなりたいもの……それは魔女!
「上品でお行儀よく暮らす魔女なんて、まっぴらだわ!」
ベルギーの若手アーティストによる、 とってもおしゃれな絵本。

ベストレビュー

「だめっ」というと反抗するものです。

 妖精らしからぬことをしたいローズマリーは母に「私は魔女になりたい」と宣言します。
 どうせすぐに戻ってくるとタカをくくっていた母親の思惑は見事にはずれて、ローズマリーは魔女の生活に馴染んでしまうのです。
 母はとうとうローズマリーの考えを認めました。
 結果、ローズマリーは自分がなりたかった魔女であるだけではなく、母の望む妖精であることも良しとしたのです。
 親子がどうすればうまくいくか。
 大切なヒントがこのお話にあるように思いました。 
(まあちゃん235さん 30代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

魔女になりたかった妖精

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット