雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おそざきのレオ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おそざきのレオ

作: ロバート・クラウス
絵: ホセ・アルエゴ
訳: 今村 葦子
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おそざきのレオ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784751514528

対象: 幼児〜小学校中学年

出版社からの紹介

レオはなんにもできません。読み書きも話すのも、食べるのだって下手くそ。でも、そんなレオが花開く瞬間がやってきたのです……

ベストレビュー

子供の成長を「待つ」姿勢。

トラの子レオは、何をするのも遅い子でした。
本を読むことも、お絵書きも、食べることも、話すこともへたくそでした。
レオのお父さんもお母さんも、レオができるようになることを待っています。
この、子供がなにかをできるようになることを、絵本では「はながさく」と、表現していました。(成る程って感じですね)
焦れったくなりながらも、ひたすら「待つ」姿勢を崩さないレオの両親に、同じ親として学ぶものがありました。
ジャングルの雰囲気も、移り変わっていく季節の景色も、とてもよかったです。

(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・クラウスさんのその他の作品

でておいで、ねずみくん / はやおきミルトン / オリバ−くん

ホセ・アルエゴさんのその他の作品

カメレオンはどこ? / マリールイズ いえでする / ランパンパン インドみんわ / かくれんぼしましょ / おひさまはよるどこへいくの?

今村 葦子さんのその他の作品

なきむしこぞう / ひとりたりない / くんくまくんとおやすみなさい / くんくまくんとバケツおに / こぎつねキッペのふゆのうた / トゲトゲぼうや



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

おそざきのレオ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット