なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
あしたはたのしいクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あしたはたのしいクリスマス

  • 絵本
作: クレメント・ムーア
絵: モニカ・スティーブンソン
訳: 角野 栄子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「あしたはたのしいクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 クリスマス・イブの夜、くまのぬいぐるみキッセンベア一家のうちの中は、すっかり寝静まっています。すやすや寝ている子どもたちは、お菓子の夢でも見ているのでしょうか。ママもパパもぐっすりと眠っています。すると外からカタカタカタ……、不思議な物音で目覚めたパパが窓を開けて凍てついた夜空を見上げると、8頭のトナカイに引かれた小さなソリが見えます。

みどころ

 米国で広く親しまれている有名な詩『クリスマスの前の晩』の写真絵本。しかも被写体がテディベア一家ときているので、テディベアファンにはたまらない一冊です。もちろんサンタクロースもまっ白なひげを携えたテディベア。背景には子ども部屋で見かけるようなカラフルなおもちゃや人形たちがたくさん登場するので、小さな読者にも親しみやすい作品に仕上がっています。リズムを意識したわかりやすい言葉は歌いかけるようなテンポを生み出し、明るい楽しさがいっぱい。150年前に生まれたとされるクリスマスの詩を初めて紹介する絵本として最適でしょう。大判サイズも、クリスマスらしい華やかさをダイナミックに紹介しています。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

クリスマスイブの夜、サンタさんがプレゼントを持ってきてくれる…。150年以上も前からアメリカの子どもたちに親しまれてきた詩とテディベアの写真でつづる絵本。

 クリスマスイブの夜にサンタさんがプレゼントを持ってきてくれる…という、150年以上も前からアメリカの子供たちに親しまれてきた詩を、手ディベアを使って楽しい写真絵本にしました。クリスマスプレゼントに最適です。

ベストレビュー

娘のクリスマス定番

 クレメント・ムーアの有名な詩「The Night Before Christmas」は、いろいろな作家が手がけて絵本にしていますが、小さなお子さんにはこの一冊がおすすめです。テディベア一家が主人公となり、おもちゃがあふれかえる実写が夢のような世界をさらに夢いっぱいに演出しています。「I Spy(ミッケ!)」シリーズのような感じでもあるので、探し物などしながら遊べ、こういうときは息子も夢中になっていますね。おひげのテディベアサンタさんは必見。もともと詩なので、リズム感のある文章が心地いいです。
 娘は切り紙でクリスマスツリーを作り、この絵本を読み、ナイトライトをキャンディーケーンの形をしたものに変え、夢見気分でベッドにもぐりこみました。まだ、収穫感謝も控え、ホリデー・シーズンにはちょっぴり早いのですが、今季のクリスマス絵本一番手はこの作品でした。
(ムースさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クレメント・ムーアさんのその他の作品

ナイト・ビフォー・クリスマス / クリスマスイヴのこと / あすはたのしいクリスマス

角野 栄子さんのその他の作品

魔女の宅急便 特別編 キキに出会った人びと / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / ねむりひめ / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 角野栄子さんと子どもの本の話をしよう / トンネルの森 1945



第12回 『あったかいな』の片山健さん

あしたはたのしいクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット