くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ミルトンとカラス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミルトンとカラス

作・絵: ハイデ・アルダラン
訳: おおさわ あきら
出版社: 朔北社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ミルトンとカラス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

しりたがり屋のねこのミルトン。今度はカラスが気になって仕方がない。近づいて観察しておどかされて…。どうなることやら。
どこもかしこも白と黒のミルトンが黒いカラスと自分の似ているところ、似ていないところをくらべてみたよ。

ベストレビュー

ラストのミルトンの可愛い一言にもクスリ

 白黒ブチの猫のミルトンシリーズの一冊です。

 朝、急いで屋根の上に駆け上がるミルトンくん。
 なんで?と思ったらお隣の木の上に作られたカラスの巣。
 中には可愛いひなが三羽。

 見とれていると、カラスのママが帰ってきて仲間はずれ。
 なるほど見た目は似ているように見えるのですが、ミルトンもガッカリして帰ろうとすると、パパガラスまで戻って来て、恐い目つき。

 この後、ミルトンのカラスと自分の似ているところと違うところを分析し、表にして書かれているところで大笑い。

 ラストのミルトンの可愛い一言にもクスリでした。
 シンプルな白黒のみの作品ですが印象に残っている作品です。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハイデ・アルダランさんのその他の作品

ミルトンびょういんへ / ミルトンのクリスマス / ミルトン

おおさわ あきらさんのその他の作品

おばけ、がっこうへいく / おばけのゆかいなふなたび / おばけのうちゅうりょこう / おばけときょうりゅうのたまご



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

ミルトンとカラス

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット