十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
トムとピッポとおさんぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

トムとピッポとおさんぽ

作・絵: ヘレン・オクセンバリー
訳: 児島なおみ
出版社: リブロポート

本体価格: ¥800 +税

「トムとピッポとおさんぽ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

別訳を読んで

『トムとピッポさんぽへおでかけ』という絵本を読んで、過去に別訳のこの絵本が出版されていたことを知り、読んでみました。

『トムとピッポさんぽへおでかけ』とこちらの訳の一番大きな違いは、主人公トムが、三人称で描かれているか、一人称で描かれているかではないかと思いました(他にももちろん文章の違いはありますが)。

これまでの少ない経験から感じていることですが、息子は主人公が「ぼく/わたし」と書かれている絵本はあまり好みでないようです。2歳の息子には、「ぼく」と書かれているから感情移入できるというわけではなく、三人称で、「トムは〜」と書かれている方が、内容を理解しやすいからではないかと思っています。もう少し大きくなれば、また違ってくると思いますが。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

出版社おすすめ


ヘレン・オクセンバリーさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 きょうはみんなでくまがりだ We’re Going on a Bear Hunt / ジャック船長とちびっこかいぞく / 大きくなるってこんなこと! / そとごはん / うちのいぬ / ダンスをならう

児島 なおみさんのその他の作品

偕成社文庫 大おばさんの不思議なレシピ / バク夢姫のご学友  / 伝説の編集者ノードストロムの手紙 / うたうしじみ / アルファベット絵本 / 聖マグダレナ・ソフィア・バラ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

トムとピッポとおさんぽ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット