貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ゴールデン・バスケット ホテル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゴールデン・バスケット ホテル

  • 児童書
作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 江國 香織
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゴールデン・バスケット ホテル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年04月01日
ISBN: 9784776404439

A5判


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

マドレーヌの生みの親ベーメルマンスの読み物です。
絵本になる前のマドレーヌが登場している貴重な一冊。
1937年ニューベリー賞オナーブック、日本初翻訳。

屋根の上に金色のバスケットの飾りがついたホテル。
セレステとメリサンド、ふたりの女の子は、お父さんに連れられてベルギーの古都ブルージュにあるこの小さな古いホテルにやってきました。
ホテルで働く人たちも街の様子も、ふたりにとってはめずらしくて楽しいことばかり。
ホテルのオーナーの息子ヤンとはすぐに親しくなり、好奇心にとんだ子どもたち三人は次々と小さな騒動を巻き起こします。
茶目っ気たっぷりの子どもたちがなんとも楽しい読み物。
のちに絵本となるマドレーヌとの出会いも織り込まれています。
小学校中学年から

ゴールデン・バスケット ホテル

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

ルドウィッヒ・ベーメルマンスさんのその他の作品

きかんしゃキト号 / バティストさんとハンガーブルグ=ハンガーブルグ伯爵のおはなし / ベーメルマンス マドレーヌの作者の絵と生涯 / よくぞごぶじで / マリーナ / パセリともみの木

江國 香織さんのその他の作品

とてもとてもサーカスなフロラ / ゆき、まだかなあ / ナイアガラの女王 / 100万分の1回のねこ / ぼくはきみで きみはぼく / マドレーヌとパリのふるいやしき



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ゴールデン・バスケット ホテル

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット