雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
お正月に 読む絵本 十二しのはじまり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

お正月に 読む絵本 十二しのはじまり

  • 絵本
作: 小暮正夫
絵: 中村 景児
出版社: 世界文化社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1988年01月01日
ISBN: 9784418878130

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

じゅうにしをきめるという、としがみさまのしらせ。どうぶつたちは、みな、じぶんがいちばんになるつもりでいるが…。

お正月に 読む絵本 十二しのはじまり

ベストレビュー

いろいろなお話があります。

近々、年長の息子はお遊戯会で、「十二支のおはなし」をやります。先生が、何冊か読み聞かせをして下さったそうですが、息子と私はその他にもどんな絵本が出ているか、図書館で探していました。とその時、見つけた1冊がこちらの絵本でした。今迄読んだ絵本も内容は少しずつ変わっていましたが、どれも似ている感じがしました。しかし、こちらは、ねこが主役のようです。十二支に入れてもらえなかった猫が主人公って感じがしました。本当に1つのお話でも、色々な種類の絵本が出ていて、その発見が面白かったです。
読み比べもなかなか良いですよ。
(秀のママさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小暮 正夫さんのその他の作品

びんぼう神とふくの神

中村 景児さんのその他の作品

おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / おおきなキャベツ / ぼくは、いつでもぼくだった。 / がんばれ!ねずみのおてつだい / ピーマンマンはげんきのみかた! / ピーマンマンの いただきますって いえるかな



エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

お正月に 読む絵本 十二しのはじまり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット