だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
ママのたからもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ママのたからもの

作・絵: 福浦路子
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,200 +税

「ママのたからもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「好き」を伝えて楽しく子育て。親子遊びをしませんか?
伝えあうのは「あなたがすき」という純粋な感情。あたえるだけでなく、子どもからの愛情をうけとる、「親育ち」から始める理想的な親子のコミュニケーション。ダイナミックな構図とシンプルなストーリーが心地良い絵本。親子で読んで欲しい秀作絵本。

ベストレビュー

親子で愛情交換!

子供に愛情を与えるだけでなく、子供からの愛情を感じられる内容です。お互い分かっていても、「大好き!」と伝えあう事は、あまりなかったりします。そこで、この絵本を読みながら、あえて、「大好き!」と伝えあう事によって、より心が通い幸せで温かい気持ちになれました。
子育の意外な盲点です。
気持ちを声に出して伝えあう事の大切さを考えなおさせられました。
いつもなら、はずかしくて言えなかった「大好き!」を、この本を読みながら、すらすらと言えました。
読み終わった後子供から、もう一度。のリクエスト。
内容はシンプルなので、小さい子供にも理解しやすいと思います。そして、イラストがオシャレなので、これから子育がはじまる人へのプレゼントにもイイかなあと思います。
(モ人さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

ママのたからもの

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット