ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ママのたからもの」 みんなの声

ママのたからもの 作・絵:福浦路子
出版社:新風舎
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784797461435
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,291
みんなの声 総数 4
「ママのたからもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんかいいかんじ

    • う〜ろん茶さん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子13歳、女の子11歳、女の子4歳

    こころがほんわか、あたたかくなる。とってもかわいらしいえほんです。いろあいもなんかいいかんじ。いちど、てにとってみてください。ほんわか。ほんわか。

    掲載日:2005/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まる絵本です

    • あずママさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    「ママのたからもの」ってママなら誰もが思うはず。親子のコミュニケーションを描いたこの本は、どちらかというとママの為の絵本のような気がします。

    掲載日:2005/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子育て絵本!

    • あずママさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    子供とのコミュニケーションを描いた作品でした。
    愛情あふれていて宝物のような絵本です。
    子供たちと一緒に毎晩読んでいます。

    掲載日:2005/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で愛情交換!

    • モ人さん
    • 30代
    • その他の方
    • 大阪府

    子供に愛情を与えるだけでなく、子供からの愛情を感じられる内容です。お互い分かっていても、「大好き!」と伝えあう事は、あまりなかったりします。そこで、この絵本を読みながら、あえて、「大好き!」と伝えあう事によって、より心が通い幸せで温かい気持ちになれました。
    子育の意外な盲点です。
    気持ちを声に出して伝えあう事の大切さを考えなおさせられました。
    いつもなら、はずかしくて言えなかった「大好き!」を、この本を読みながら、すらすらと言えました。
    読み終わった後子供から、もう一度。のリクエスト。
    内容はシンプルなので、小さい子供にも理解しやすいと思います。そして、イラストがオシャレなので、これから子育がはじまる人へのプレゼントにもイイかなあと思います。

    掲載日:2005/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐるんぱのようちえん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット