にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
国連に行ってみよう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

国連に行ってみよう

作・絵: ナーネ・アナン
出版社: 自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「国連に行ってみよう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

アナン国連事務総長夫人であるナーネ・アナンさんの写真絵本!
二人で歩んできた世界各地の様子を、わかりやすい言葉と写真で伝えるメッセージ絵本。
国連ってなんだろう?
国連で働く人はどんなことをしているんだろう?
戦争のない世界、飢えのない世界、貧困のない世界・・・。
どこでも子どもたちが幸せでいられる世界をつくるために働くことの大切さを伝えます。
小学生から、世界の動きに興味がもてます。
和文英文併記で、総合学習にも最適な絵本です。
収益はユニセフに寄附されます。
表紙のイラストは、ナーネさんが描いたものです。

ベストレビュー

国連ってなんだろう?

世界の子ども達はどんな生活をしているのでしょう?
日本では当たり前の子どもらしい生活、それができない子ども達が、
残念ながら世界にはたくさんいるのです。
国連事務総長夫人のナーネ・アナンさんが、写真と絵で語りかけます。
小学生も中学年にもなると「どうして勉強しなければいけないの?」と質問してきます。
そんな時はナーネさんの言葉がいいかもしれません。
「教育によって、あなたはあなたの夢をかなえることができるのです。」

(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

ナーネ・アナンさんのその他の作品

ピチャとポチャ 水の子の冒険旅行



読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

国連に行ってみよう

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット