なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
えほんのまわりさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ちしきのぽけっと(14) 象のわたる川
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちしきのぽけっと(14) 象のわたる川

  • 絵本
写真・文: 横塚 眞己人
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちしきのぽけっと(14) 象のわたる川」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784265043644

小学校低学年 〜 小学校高学年向け
A4変型・29.0×22.0cm
32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ボルネオ島の森を流れるキナバタンガン川。現地の人びとはこの川で顔を洗い、歯をみがく。この川の水面に突き出た、黒くうねる影。流域の森に住むアジアゾウの仲間、ボルネオゾウが鼻を出して泳いでいるのだ。人もゾウも同じ川の水を浴び、川面を叩きつけるスコールを浴びて一日が過ぎていく。そして、森に住むたくさんの動物たちも、長い長い地球の歴史の中でできあがったこの川に生かされている。生命と川の物語を描く写真絵本。

ちしきのぽけっと(14) 象のわたる川

ベストレビュー

ボルネオの自然

ボルネオ島
名前は、何となく聞いたことがありましたが、詳しくは知りませんでした。
この本を見ると、どの写真もダイナミックで、自然の力強さを感じます。
特に、夕焼けの美しさは素晴らしいものだと思います。
三日月湖については、勉強になりました。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


横塚 眞己人さんのその他の作品

どこにいるの イリオモテヤマネコ / 太陽の花 / ゆらゆらチンアナゴ / ウミショウブの花 / ダヤンと森の写真絵本 ねどこどこ? / ゾウの森とポテトチップス



あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

ちしきのぽけっと(14) 象のわたる川

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット