もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください、この可愛さ…。「こぐまちゃん」と「卯三郎こけし」の奇跡のコラボです!
クリスマスのおとずれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスのおとずれ

  • 絵本
作: ドン・ボスコ社
絵: 杉田幸子
出版社: ドン・ボスコ社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年10月
ISBN: 9784886265203

3歳〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

わくわく、うれしいクリスマス。かなしいときも笑顔になれるプレゼントは? かみさまからのおくりもの、かわいいイエスさまに、みんな喜びでいっぱい。心温まるやさしい絵と言葉でつづる、クリスマスが待ち遠しくなる絵本です。

クリスマスのおとずれ

ベストレビュー

クリスマスケーキのような表紙絵がいい

表紙の絵がとっても素敵だなぁと思って、図書館の「クリスマスコーナー」で借りてきました。
表紙絵にはサンタさんが楽器を鳴らし、
ドーム状になったケーキのような場所を天使や動物や各国の王さま(キリスト誕生の話に出てくる)が、頂上にいるイエス・キリストのところへ向かっていく絵でした。

よく見ると、絵は杉田幸子さんなのですが、文「ドンボスコ社」って何!?検索で調べたらキリスト教書籍の販売を主に行っている会社だそうです。
その会社の中のどなたかが文章を書かれたんでしょうか?
日本人の大半が受け止めている一般的なクリスマスではなく、キリスト誕生を祝うクリスマスの風景がここにありました。
こういう詩のような言葉と優しい絵柄なら、キリストのお誕生日だと知らない小さな子どもたちにも、わかりやすそうです。

1ページ1ページに、クリスマスを喜ぶ街のひとたちの姿が描かれていて、とても幸せそうです。
字のレイアウトもほかの絵本に比べ大きく、字体も太くて読みやすかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

杉田幸子さんのその他の作品

みんなの聖書・絵本シリーズ 35 生まれかわったパウロ / みんなの聖書絵本シリーズ 33 ひつじかいの夜〜クリスマス(3)〜 / みんなの聖書・絵本シリーズ 32 おきて歩きなさい〜イエスさまのいやし〜 / みんなの聖書絵本シリーズ 30 神さまの国〜イエスさまのたとえ話〜 / みんなの聖書絵本シリーズ 28 ザアカイと金もちの若者 / みんなの聖書絵本シリーズ 26 教会のはじまり



ともだちってなんだろう?

クリスマスのおとずれ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット