たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
とうちゃん、おかえり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とうちゃん、おかえり

作: 村中 李衣
絵: あべ 弘士
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とうちゃん、おかえり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

みどころ

 可愛らしい本、笑ってしまう本とはちょっと異なった趣の本をひとつ。
あるぼんやりした冬の日、つやはひとりで学校から帰ってきます。「ただいま」。部屋の中はカーテンを通した夕日でオレンジ色。
ふと、たったひとりでとうちゃんを待つつやの想いがぐんぐんオレンジ色の波に乗って広がります。「とうちゃん、まっててね。」

 とても不思議な話で、最初はとうちゃんが死んでしまったのかと思ったら最後にはちゃんと「ただいま」と帰ってくる。あれ?と思ったけど、何度か読むうちに少女つやの気持ちがふと理解できる様な気がしてくる。思い出したのは、自分も小さい頃、身近な大事な人が突然すっと遠くに行ってしまう様な気がして急に涙ぐんでしまった経験。
 つやはお父さんとお兄さんの3人暮らしです。おとうちゃんへの想いが強い分、ひとりでいる時にすーっと色々な感情が湧き上がってくるのでしょうか。時間と景色がそうさせたのかもしれません。
そしてその情景は帰ってきたお兄ちゃんの何も考えていない言葉と蛍光灯のひかりですぐに立ち消え、何も無かったように無邪気な少女へと立ち戻っているのです。少女の強さです。

 そして、つやにとって印象的だったオレンジ色に染まった畳の部屋。そういえば、そんな情景を人はいくつも持っているのではないでしょうか。思い出してみてください。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

たったひとりのアパートの部屋は、夕日にあたためられてオレンジ色です…。村中李衣・あべ弘士のコンビが描く、少女の気持ち。

ベストレビュー

オレンジ色の夕日の情景の中で

「ただいまあ。」と帰ってきた少女つやが見た夕日の中の部屋の様子。
ふと、つやのイメージが膨らみます。
とうちゃん、死なないで。
何とも衝撃的な展開です。
でも、後から帰宅してきたにいちゃんが電気をつけて、
つやは現実の世界に戻ります。
次男と一緒に読んで???の世界をさまよいました。
不思議な読後感の残る絵本でした。
(レイラさん 40代・ママ 男の子12歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村中 李衣さんのその他の作品

よるのとしょかんだいぼうけん / 春夏秋冬 自然とつきあう! / 日本語 ことばは時をこえる! / かあさんのしっぽっぽ / チャーシューの月 / なんかヘンだを手紙で伝える

あべ 弘士さんのその他の作品

手おけのふくろう / かわうそ3きょうだい とらのまき / おおきくなあれ / 雲をつかむはなし / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / わにのスワニー



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

とうちゃん、おかえり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット