みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
とうげであったおとこのこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とうげであったおとこのこ

作・絵: 梅田 俊作/佳子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥971 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とうげであったおとこのこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

おとこのこではなくきつねです

4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。とうげでであったのは、おとこのこにばけているキツネ。でも、尻尾が見えてるよー。知らない不利をして、おとこのこと一緒に遊んであげるおはなし。息子はまだたぬきやキツネがばけるといわれている動物とは知らない様子。それを教えてあげるいいきっかけの絵本でしたよ。化けていることをやさしく伝えるようにして、きつねを毛嫌いしたり、ばかにしたりしないので、とても前向きな絵本でしたね。息子は楽しんでいました。いろんなキツネの描き方がありますが、前向きな捉え方をするならばこの本がお勧めです。
(minatsuさん 40代・ママ 男の子4歳、女の子0歳)

出版社おすすめ


梅田 俊作/佳子さんのその他の作品

おじいさんもようちえん



「ななちゃんの絵本」シリーズ つがねちかこさんインタビュー

とうげであったおとこのこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット