おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
バスタオルで「ぼくのまち」を作ろう!広げて遊べるバスタオルが新登場です!
景福宮 朝鮮王朝の王宮
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

景福宮 朝鮮王朝の王宮

作・絵: イ・スンウォン
訳: おおたけ きよみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011/11
ISBN: 9784062830560

小学生〜大人まで

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あざやかで緻密なタッチで描かれる、朝鮮王朝を代表する古宮
人気韓流ドラマの舞台としても有名な、「景福宮(キョンボックン)」の絵本

鮮やかで繊細な朝鮮文化を体現した、韓国のソウルにある宮殿、景福宮。朝鮮王朝をおこした李成桂が建設したこの宮殿は、長い歴史を持つ朝鮮王朝にとって、最も古く、最も格式の高い正宮です。この絵本には、景福宮のさまざまな建物が、緻密なタッチで描かれており、ページをめくるたびにまるで現地で実際に歩いているような感動を味わうことができます。幻想的で静謐な雰囲気の漂う絵と、シンプルな文章が組み合わさり、そこで生きる人びとの息吹さえも感じられる美しい絵本です。

ベストレビュー

美しい絵が堪能できます

2004年の韓国の作品。
「景福宮は朝鮮王朝のもっとも格式の高い正宮です」
という書き出しで始まります。
物語というのではなく、景福宮を正門から入って順にその建築物の解説をしていくというもの。
とにかく、その荘厳な絵は見る者を魅了し、まるで実際に景福宮を訪れているかのような感覚におそわれます。
願わくば、景福宮の平面図があると、さらに良かったと思います。

それにしても、この景福宮は、1592年、一旦文禄・慶長の役で焼失し、その後も再興されたものの、1910年の韓国併合条約により大韓帝国の統治が終了した際、多くの殿閣類が日本人によって取り壊されたとのこと。
全く、知りませんでしたが、日本人の関与を知るにつけ、歴史と真摯に対峙しないとならないと思えてなりまえん。
特に、この美しい景福宮の姿を見ると、もっとこうした作品と出会い、知ることが必要なのだと思いました。

まさしく大人のための絵本。
歴史の思いを馳せて、考える材料として欲しい作品です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イ・スンウォンさんのその他の作品

すばこ

おおたけ きよみさんのその他の作品

とうきび / ハンヒの市場めぐり / とんぼ / 日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると / 韓国のお正月 / 十長生をたずねて



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

景福宮 朝鮮王朝の王宮

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット