だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
恐竜探偵フェントン(2) ごちゃまぜ化石事件
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

恐竜探偵フェントン(2) ごちゃまぜ化石事件

作: B.B.カルホーン
絵: 千葉 茂樹
訳: 太田 大八
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「恐竜探偵フェントン(2) ごちゃまぜ化石事件」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

内容紹介

眠りグマ山の発掘現場で次々と見つかった恐竜の骨。しかし、鳥盤類のあごと竜盤類のこしの骨を持つ恐竜がいたのだろうか?混乱する発掘現場の謎に挑むフェントンだが…。「恐竜探偵フェントン」シリーズ第三弾。

ベストレビュー

高学年向け児童書として

恐竜探偵フェントンの三巻目。シリーズの他の本に比べてページ数が少ない印象を持ちました。

恐竜のなぞをフェントンが解くシリーズですが、フェントンの学校生活や日常生活も細かく描かれています。

このシリーズでは、フェントンとと仲良くなったオーエンという犬を家で飼えるようになるのかが中心となっています。

ちょうど『がんばれヘンリーくん』を読みなおしたところだったので、ヘンリーくんとアバラーとの出会いを彷彿とさせるようなところがありました。

恐竜だけでなく、パソコン通信や漫画など、高学年の子どもたちが興味を引くものが出てくるお話なので、高学年向けの一人読みによさそうなシリーズだと思います。

千葉茂樹さんの初期の頃の翻訳本にも当たるようですね。訳が千葉さんということで息子に読み始めたのですが、思いの外息子にヒットしたシリーズです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

出版社おすすめ


B.B.カルホーンさんのその他の作品

恐竜探偵フェントン(5) 研究室のスパイ事件 / ハロウィーンの巨人事件 恐竜探偵フェントン 4 / 恐竜探偵フェントン(1) 謎の足跡事件

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5 / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原 / 笠地蔵

千葉 茂樹さんのその他の作品

スピニー通りの秘密の絵 / シャクルトンの大漂流 / もしも地球がひとつのリンゴだったら / 最後のゲーム / ポー 黒猫 / ユーゴ修道士と本を愛しすぎたクマ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

恐竜探偵フェントン(2) ごちゃまぜ化石事件

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット