雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【3月31日まで】「キッズ・ベビーソックス」が、銘柄限定で40%OFFセール中です!
K町の奇妙なおとなたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

K町の奇妙なおとなたち

  • 児童書
作: 斉藤 洋
絵: 森田 みちよ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月13日
ISBN: 9784037271503

小学5・6年生から
20cm×13cm
222ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

少年の目にうつった市井の人びとの悲喜こもごも11篇

東京のはずれの小さな町に生きる市井の人々の悲喜こもごもを、少年の目を通して描き出す。
どこか懐かしくも切ない連作短篇。

ベストレビュー

事実は小説よりも

作者が幼い頃に住んでいたK町というところでの、出会った大人たちを面白おかしく、時には悲哀も含めて描かれています
11編の短編からなる物語ですがそれぞれがつながりがあって、ラストには思わず驚くような結末が・・・・
読んでいるうちに本当のことなのか、空想なのか、当時の作者が子どもの頃に感じたままを綴ったものらしいけど、かなり引き込まれる不思議さがあります
読み終えた後になんとなく自分の周りの人々にも関心がわくかもしれません
事実は小説よりも奇なり・・・と言った感じかな・・・?
とにかく読んで感じてください中学生からお勧めです

(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / ナツカのおばけ事件簿 (15) 初恋ゆうれいアート / ニルゲンツものがたり へんてこだより / ふしぎパティシエールみるか (2) ミラクルスプーンでドッキドキ! / 耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ / ギュレギュレ!

森田 みちよさんのその他の作品

オイレ夫人の深夜画廊 / 現代落語おもしろ七席 / つたえよう・言葉と気もち / あやかしファンタジア / おぼえておこう安全大作戦 / 遠く不思議な夏



「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

K町の奇妙なおとなたち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット