十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

K町の奇妙なおとなたち」 みんなの声

K町の奇妙なおとなたち 作:斉藤 洋
絵:森田 みちよ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年09月13日
ISBN:9784037271503
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 事実は小説よりも

    作者が幼い頃に住んでいたK町というところでの、出会った大人たちを面白おかしく、時には悲哀も含めて描かれています
    11編の短編からなる物語ですがそれぞれがつながりがあって、ラストには思わず驚くような結末が・・・・
    読んでいるうちに本当のことなのか、空想なのか、当時の作者が子どもの頃に感じたままを綴ったものらしいけど、かなり引き込まれる不思議さがあります
    読み終えた後になんとなく自分の周りの人々にも関心がわくかもしれません
    事実は小説よりも奇なり・・・と言った感じかな・・・?
    とにかく読んで感じてください中学生からお勧めです

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な体験

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    K町に住んでいた少年が関わった、ちょっと奇妙な大人たちのお話。
    ちょっと怖いな〜不気味だな〜と思うお話から、せつないお話、驚くお話と様々あります。

    「ルドルフとイッパイアッテナ」や「ペンギンシリーズ」、「ひとりざむらいシリーズ」など、ユーモアたっぷりのお話を読むことが多かった斉藤洋さんの作品。
    今回は今までとは違った作品で、私自身とっても新鮮に感じられました。

    子どもだからこそ見ることができたのではないかという、不思議な体験。
    なるほど〜と、エピローグを読んで思いました。
    実際は身近にある奇妙なこと、不思議なことを、大人になると見過ごしてしまうのかもしれませんね。
    だとするとちょっとモッタイナイ…そう思ってしまいました。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット